パタパタアニメ写真館

2コマあれば、それはもう立派なアニメーション!パタパタアニメ写真館では、自分の身体をつかって2コマのアニメを作ることができます。撮影スペースに入り、カメラの前でポーズをとって、まず一枚「カシャ」。さらにポーズを変えてもう一枚「カシャ」。これでパタパタアニメの撮影終了。すぐにあなたの全身ポーズ2コマアニメを、大画面の好きな場所に配置できます。

配置されたパタパタアニメはずっと画面上に残っていくので、20人も撮れば、画面じゅうパタパタアニメでびっしり埋めつくされて、ゆかいな動く群集絵画の出来上がりです。

YouTube Preview Image

 


■作業のながれ

  1. 1ポーズ目を撮る:カメラの前でポーズを決めて、ハイ、撮影!
  2. 2ポーズ目を撮る:1ポーズ目とは違うポーズで、もう一枚撮影!
  3. 画面の好きな場所に配置:画面上に、撮影した2コマが小さなアニメになって表示されます。コントローラをつかって好きな場所に配置しましょう。
  4. みる:どんどん撮影する人が増えるほど、楽しいことになってきます!

■さまざまなバリエーション

パタパタアニメ写真館は2003年に初期バージョンが開発されて以来、さまざまな改良を重ねてきました。初期バージョンではブルーバックの前で撮影する必要がありましたが、現行バージョンではMicrosoft社のKinectをカメラとして採用することにより、どんな場所でも撮影できるようになっています。

パタパタウォーカー

パタパタアニメ写真館のバリエーションの一つ。3つのポーズを撮影して「歩き」を表現します。画面上のパタパタアニメは自動的に横方向へ移動していきます。


「パタパタアニメ写真館」開発チーム

  • 布山タルト(企画/ディレクション)
  • 佐藤忠彦@トリガーデバイス(デバイス開発/制作管理)
  • 遠藤孝則(プログラム開発/サウンドデザイン)